心・体・社会をつなげる デタラメ研究所

健やかに生きる事を目指して…。

いじめっ子に宿る、数パーセントの温かい祈り ~被害者面をやめると生まれる新たな視点~

こんにちは、tomaです。

 

集合的無意識の話」を途中で放置していますが、

 

イムリーな話題を優先して書いてまいります^^

 

 

今日、Fさん(自称いじめられっ子)と話をしたんですが、

 

「いじめっ子って、案外悪いやつじゃないのかも」と、

私が思ったので、

今回はその話です。

 

 

「いじめっ子」は、

人にちょっかいを出したり、

暴行を加えたり、

罵倒したりします。

 

他にも色々パターンはあると思いますが、

どっちみち、ひどいもんです。

(陰湿なやつは除いて、話をします。)

 

 

そして、

ターゲットにされるのは大体、

「ボケーっとした子」

「リアクションが薄い子」な気がします。

 

(可愛い子や能力が高い子など、

 嫉妬からくるいじめの話はまた別の機会に。)

 

 

いじめっ子は、ただ単に

弱い子をいじめて「優越感に浸りたい」

という醜さを持っていたりしますが、

 

ちょっと見る角度を変えると、

美しさもある、

と思えてきます。

 

 

 過去記事で、

「私」と「他者」はつながって(重なって)いる、

という話をしました。

kokaken.hatenablog.com

 

「私」というのは、

単独で存在することは出来ません。

 

必ず、周りの人との重なり(関係性)

によって成り立っている、

相対的な存在です。

 

 

これを、

「いじめっ子」「いじめられっ子」

の話に置き換えると下図のようになります。

 

f:id:toma1990:20190615044041p:plain

緑の部分は、二人の関係性です。

 

お互いに自分をさらけ出し、

相手を感じようとすると、

緑の部分が活きます。

 

 

しかし、

A君が自分をごまかし(ボケーっとして)、

B君の事を感じようとしない場合、

下図のように、関係性が死にます。

f:id:toma1990:20190615043450p:plain

 

実はB君は、A君と関係性を築きたくて、

いじめ始めるのかもしれません…。

 

 

つまり、会いたくて会いたくて

いじめるのかも…。

 

ボケーっと腑抜けたA君ではなくて、

人間らしく、生き生きしたA君に会いたい。

 

自分と共通点のある、A君に会いたい…。

 

 

(暴力を肯定する訳ではないのですが)

B君の暴力の奥には、

「おーい、嘘つくのやめてくれ!」

「こっちを見てくれ!」

「目を覚ませー!」

「会いたいんだよ」

 

という祈りがこもっているのかもしれません…。

 

 

そもそも、

B君にそういう温かい気持ちがなければ、

さっさとA君から離れて(重なりをゼロにして)、

 

他の友達と遊べばよい話です。

 

 

そこをわざわざ絡みにいっているのは、

「A君と会いたい」

という温かい祈りがあるから、なのでは?

 

 

「いじめる」という行為の汚さの中には、

「会いたい」という数パーセントの温かい祈りが

混じっているのかも。

 

 

そう思うと、

「どっちが悪い」とかいう話じゃなくて、

 

「会おうよ!」

 

って思います。

 

 

「私はいじめられている!」

と思っている人も、

一度被害者面するのをやめてみると、

 

新しい世界が見えてくるかもしれません(´▽`)

 

 

 

毎週、金土の夜9時~、シェア会してます(山梨県甲府市)。

参加したい方は、遊びに来てください👇

https://ameblo.jp/waku-chu-gyu-cafe/entry-12463419365.html

無知の知【「あー、それ知ってるよ」の落とし穴 】 ~群盲象を評す~

こんにちは、tomaです。

 

無知の知という言葉をご存知でしょうか。

哲学者のソクラテス氏が言った言葉だそうです。

 

自分自身が「無知」であることを

自覚していた方が、

新たな学びを得られるよね^^

 

という感じの教えです。

 

 

無知の知」って、

出来そうで出来ない事だと思いませんか?(;´∀`)

 

 

私は誰かの話を聞いてても、

「あー、それ知ってるよ」

とか、つい言っちゃいます(;´∀`)

 

同じような話でも、

人によって様々な視点や解釈がある事を踏まえると、

「あー、それ知ってるよ」

という返答はとても愚かなのかもしれません…。

 

 

 

👇図をご覧ください。

 

f:id:toma1990:20190614035839j:plain

この図は「群盲象を評す」というもの

(昔のインド人が考えたらしい)。

 

目の見えない人たちが、

それぞれ象の一部分を触って、

あれやこれやと言っています。

 

「ヤリだ」「ロープだ」「ホースだ」「木の幹だ」「壁だ」「うちわだ」

 

全体が見えている人にとっては

滅茶苦茶に感じますが、

 

それぞれが、

一部分の手触りだけで判断している事を考えると、

仕方がないと思います(;´∀`)

 

 

ここで重要なのが、

この6人の盲者たちが「私たちそのもの」だという事です。

 

 

私たちは、

全体が見えているつもりになって、

自信満々に「これはロープです」

とぬかしたりします。

 

 

他の人が「これは壁でして、つまり…」

と話し始めても、

 

「あー、それ知ってるよ。ロープでしょ(・∀・)」

と言って、

まともに聞く耳をもたなかったりします…。

 

 

お互いに深い所では話が全く噛み合っていないのに、

理解しあえていると勘違いし、

決して交わる事のない、

「言葉の一方通行」

が繰り広げられているのかもしれません…。

 

 

ちょっと言い方が悪いかもしれませんが、

私たちの会話は、本質的に、

「ボケた老人同士」の会話と、あまりかわらないのかも。

 

 

Aさん「今日はいい天気ですね」

Bさん「そうですね、みかんは甘くて美味しいです。」

 

みたいな…。

 

 

結構ゾッとしませんか。

 

 

 

だからせめて、

自分が盲目だという事を自覚したい。

 

つまり無知の知でありたいと、

私は思います。

 

 

 

「これはロープだ」

と思いつつも、

人の話をちゃんと聞いてみる。

 

すると、これは

ロープだし、ヤリだし、ホースだし、木の幹だし、壁だし、うちわだし、…。

という事が分かってくる。

 

 

1の事象に対して、1つの視点だけで判断するよりも、

6つの視点を持てた方が、

より本質に近づけるように思います。

 

 

直接「象」を見る事が出来なくても、

多角的に(多くの視点で)観る事で、

「ひょっとしたら、これは象なのかも…」

 

という事が類推できるかもしれません。 

  

 

 

だから、

「あー、それ知ってるよ」

が出てきそうになったら、

 

「ちゃんと聞いてみよう」

に変換してみたらよいのかも(´▽`)

 

 

きっと、

知らない世界が見えてくると思います(´▽`)

 

 

 

毎週、金土の夜9時~、シェア会してます(山梨県甲府市)。

参加したい方は、遊びに来てください👇

https://ameblo.jp/waku-chu-gyu-cafe/entry-12463419365.html

整体を学ぶだけでは、整体を理解することが出来ない理由

こんにちは、tomaです。

 

集合無意識シリーズが途中ですが、

 今度の日曜日【6/16】の研究報告会について意見を頂いたので、

それにお答えいたします。

kokaken.hatenablog.com

 

今度の報告会では、「体を整える事」が

「社会」に及ぼす影響、

 

つまり、

「整体」と「社会」の関係性について話す予定です。

 

これに対して、

「【社会の裏事情】の話はあまり聞きたくないけど、

整体の話は聞きたい」

という意見を頂きました。

 

 

率直に申し上げますと、

どちらか片方だけの話は出来ません。

必ず両方の話をします。

 

 

なぜ両方話すかというと、

整体を学ぶだけでは、

整体の本質を理解できないからです。

(私もまだまだ理解できていません。)

 

 

 

集合無意識①②の記事で書いたように、

「私」と「相手」と「場所・空間」は

互いに影響を及ぼし合って(重なって)いるので、

 

分離して単独で説明することは出来ません。

 

「私」を知るためには、

私の周りにいる「家族・友人・仕事仲間」など

周囲の人との関係性を知る必要があるし、

「所属する会社・コミュニティ」との関係性を知る必要があります。

 

つまり、「私」というものをこの世界から切り離して、

単独で説明する事は不可能です。

f:id:toma1990:20190613002416p:plain

上図で、

もし、周りとの関係性(重なり)なしに私を理解しようとすると、

下図のようになります。

f:id:toma1990:20190613002901p:plain

赤い部分が、理解できる部分です。

【家族、友人(同僚)、会社、日本国、地球、所属コミュニティ】

との関係性なしに理解できる「私」は、

ほんの少し。

 

しかも、このほんの少し理解できる部分ですら、

着てる服やペットのワンコとの関係性などで理解できる部分です。

 

結局、

周囲との関係性なしに理解できる「私」など、

ないんですね(;´∀`)

 

 

ちなみに、

この周囲との関係性(重なり方)を選択しているのが、

「私自身の意思」です。

 

 

 

 

それと同じように、

「整体」という学問も、

その他の学問【歴史、経済、スピリチュアル、宇宙、科学】

と切り離して説明する事は出来ないんです(;´∀`)

 

その他の学問との関係性(つながり)を見ていかないと、

「浅いフィットネス論」になってしまいます。

 

「体を伸ばしましょう~!」的な(;´∀`)

 

 

 

整体協会を創った野口晴哉先生も、

「人と人がもっと理解し合えるように」

という祈りを込めて、「体癖理論」を構築しました。

 

「社会を整えないと、体も整わない」的な考えから、

治療家から教育者へと転身しました。

 

「整体」は、単なるフィットネスではありません。

 

「心」「人との関係性」「社会」「経済」

などを踏まえて初めて、

整体の本質に近づけるのです。

 

 

釈迦、イエス、ヨガの達人、合気道の達人など、

身体能力の高かった偉人たちは、社会を想い、憂い、

哲学の啓蒙活動にいそしんでいました。

 

やはり皆、形だけの整体(広い意味での)、

形だけの学問では終われなかったんですね。

 

 

 

「整体以外の話を聞かない」というのは、

 

「整体を一方向的にしか理解できない」

「整体の本質を理解できない」

 

というのと同じ意味になります。

 

 

「整体の本質を学びたい」

「整体を多角的に理解したい」

と思うなら、

 

「整体」と「その他の学問」を

 

つなげる、つなげる、つなげる。

重ねる、重ねる、重ねる。

共通項を見つける、見つける、見つける。

 

 

整体と周りの世界を

ひたすら、つなげまくった先に、

本質が見えてくると、私は思っています。

 

 

毎週、金土の夜9時~、シェア会してます(山梨県甲府市)。

参加したい方は、遊びに来てください👇

https://ameblo.jp/waku-chu-gyu-cafe/entry-12463419365.html

「集合的無意識とは」② ~雰囲気に流されてしまう、不思議~

こんにちは、tomaです。

 

前回の続きです。

kokaken.hatenablog.com

  

前回は、「私」と「他者」は切り分けられない!

という話をしました。

 

 

今回は、

「私」と「場の雰囲気」は切り分けられない!

という話です(´▽`)

  

 

経験的に納得のいく話だと思うのですが、

「場の雰囲気」ってありますよね?

 

同じような景色の場所でも、

雰囲気が違ったり、

 

同じ部屋でも、

そこにいる人によって雰囲気が違ったりしますよね^^

 

 

 

人が雰囲気に影響を及ぼし、

雰囲気も人に影響を及ぼします!

 

当たり前の事だけど、

なんか不思議だなって思うんです。

 

 

例えば、

雰囲気の明るい場に行くと、私の気持ちも明るくなるし、

雰囲気の暗い場に行くと、私の気持ちも暗くなる。

 

ハロウィンの時に渋谷へ行くと、

普段大人しい人たちがトラックをひっくり返したりする。

 

ハワイへ行くと、開放的な気持ちになる。

 

飛び降り自殺をする人たちが、なぜか同じ場所を舞台に選んでしまう…。

(高い所は沢山あるのに…)

 

沖縄の防空壕跡へ行くと、体が重くなるが、

祈っていると、重さが抜ける。

 

 

図で表すと、

 

f:id:toma1990:20190610081759p:plain

 

場の雰囲気が「楽しい」部屋があって、

その部屋にAさんとBさんが入ると、

二人とも何故か楽しくなってしまいます。

 

 

f:id:toma1990:20190610081750p:plain

 

Aさんが人生に疲れて、「つらいなぁ」と思っていると、

場の雰囲気がつらい感じになります。

そしてBさんもつらくなります。

 

 

相手の表情や声で「感情」が伝播することもありますが、

きっと、「目隠し」「耳栓」をしていても、

伝播しちゃうのではないかと思います。

 

 

そう考えた方が、

起こる現象たちの辻褄があいます。

 

 

👇ハロウィンの渋谷だとこんな感じ(;´∀`)

f:id:toma1990:20190610084129p:plain

一人一人がその場所に持ってきた「今日は、気分を解放するぞー!」

という気持ちが、場の雰囲気に伝播し、

 

「解放するぞー!」という強い意識が生まれます。

 

それが一人一人に還流して、

より「解放するぞー!」な気持ちになり、

 

普段では考えられないような行動をとってしまう。

 

こういうのを、

「集団心理」と呼んだりもするようですが、

 

きっとこれも、

五感のレベルを超えた所でも起こるものだと、

私は思います(´▽`)

 

その方が、色々説明がつくので。

 

 

 

ということで、

「私」と「場の雰囲気」はつながっていて、

互いに影響を及ぼし合う。

 

そして、

大勢の人の意識が集まる事で、

強い情報場(集合的無意識)が形成される。

 

強い情報場(集合的無意識)は、人に還流し、

その人の意識をのっとる!

 

これが「幽霊に憑依される」って事なのかも…。

 (自分の意思で行動する幽霊とやらは、存在しないと思う)

 

 

 

そう思います~(´▽`)

 

 

 

 

毎週、金土の夜9時~、シェア会してます(山梨県甲府市)。

参加したい方は、遊びに来てください👇

https://ameblo.jp/waku-chu-gyu-cafe/entry-12463419365.html

「集合的無意識とは」① ~「私」と「他者」を切り分けて考えるのは、的外れ ~

こんにちは、tomaです。

今回は「集合的無意識」の話。

 

 

私は色々考えた事を人に話したり説明したりするのが好きなのですが、

 

一度、こんな質問を受けたことがあります。

 

「それって自分で考えた話?」

「それとも誰かが言ってた話?」

 

その時は、

質問の意味がよく理解できなかったのですが、

 

後々考えると、

「私が話した意見」の所有者が誰なのか?

 

という意味の質問だったのだと思います。

 

 

もし、そういう意味だとすると、

かなり「違和感」があります。

 

というのも、

「完全に私が考えた話」

なんて一つもある訳がないし、

 

「完全に誰かが考えた話」

だったとしても、

私がそれを話した時点で、

言葉のつなぎ方や、抑揚のつけ方などで、

全然印象の違う話になってしまうからです…。

 

 

 

私の話は、

ある種「私が考えた話」だと思います。

一応考えたので。

 

でも、話の材料になっているのは、

「ニュースの記事を書いた人の考え」

であったり、

「ある歴史本を書いた人の考え」

であったり、

「日常の出来事」

であったりと、

 

全て他者や周りの環境から取り入れた情報なので、

ある種「誰かが考えた話」だといえます。

 

 

私が考えた所といえば、

「情報を抽出し、再構成した所」だけ。

 

しかも、

「情報を再構成する方法」すら、

教科書とか学校で教わった事だったりもして、

 

もう、

「私が考えた話」

などとは、とてもいえません。

 

 

 

 

「完全に私が考えた話」

とはいえないけど、

 

「完全に他人が考えた話」

ともいえない。

 

 

そう考えると、

「私」と「他人」の境界線って、

案外曖昧なんじゃないか、

 

と思うんです。

 

 

私の性格は、

「親、兄弟」から影響を受けているし、

「先生、先輩、後輩」から影響を受けているし、

「友人、同僚」から影響を受けているし、

「本の著者、TVタレント」から影響を受けているし、

「育った土地、気候」から影響を受けているし、

 

もう、「誰だよお前」って感じ(;´∀`)

 

 

でも、影響の受け方は

私自身が選び取っていたりします。

 

同じ絵画を見ても、

私と他の人では、感じ方や解釈がちがったり、

 

同じ本を読んで「読書感想文」を書いても、

全然違う作文が出来上がります。

 

(育った環境や人間関係が類似している双子でも、

全く同じ感じ方や、全く同じ作文にはなりません(´▽`))

 

 

だから、

「他者が私を作っている」し、

「私が私を作っている(他者が私を作っていない)」。

 

厳密にいえば、

どちらも本当だし、

どちらも嘘になります。

 

 

式で表すと、

「私」=「他者の集合値」

「私」≠「他者の集合値」

 

この矛盾を解決するには、

言葉ではなく、図で考えた方がいい気がします。

👇

f:id:toma1990:20190610060714p:plain

上図では、

「私」は「Aさん~Fさん」の要素を持っています。

【「私」=「他者の集合値」】

 

しかし、

全要素を持っている訳ではなく、

何割かずつ持っている感じです。

【「私」≠「他者の集合値」】

 

全く同じではないけど、全く違う訳でもない。

そして、私との要素の重なり度合いが、

A~Fさんそれぞれ違います。

 

さらに、時と共に、

要素の重なり度合いはどんどん変化していきます。

新キャラとの重なりも生まれてきます。

 

 

つまり、

「私」と「他者」を切り分けて考える事自体が、

的外れなんじゃないか(;´∀`)

 

 

「私のお金」「他者のお金」

「私の特許」「他者の特許」

「私のガッキー」「他者のガッキー」

 

私の所持金は、私が稼いだともいえるし、他者の協力のおかげともいえる。

私の特許は、私の発明だともいえるし、他者(先人たち?)のおかげで取れたともいえる。

※ガッキー(新垣結衣)は誰のものでもないっ!

  

 

あらためて、

「私」と「他者」は、同じではないけど、共通項はある。

「私の所有物」は、私の物だけど、他人の物でもある。

 

つまり、

「私」と「他人」は重なっている(切り分けられない)。 

 

kokaken.hatenablog.com

 

 

そう思います~(^^)/

 

 

毎週、金土の夜9時~、シェア会してます(山梨県甲府市)。

会いたい方は、遊びに来てください👇

https://ameblo.jp/waku-chu-gyu-cafe/entry-12463419365.html

【コカ研、研究報告会】のお知らせ(´▽`)

こんにちは、tomaです。

 

6/16(日)、AM10時~13時、

コカ研の研究報告会を開催します^^

 

報告会テーマ

【世界をウラで操る「偏平足」の陰謀】

  ~美しい社会をつくるには~

 

 

👇世界の力関係

f:id:toma1990:20190604104625p:plain

 

世の中には、

大統領をアゴで使うような人たち(イルミナティ)がいて、

彼らが経済活動を通して社会を動かしています。

 

 

ここで残念なのが、

彼らの経済活動によって、

 

多数の一般人の「自由」「命」が奪われている事です。

 

 

👇ちょいと長いですが、世の中の真実が学べます。

http://thinker-japan.com/thinkwar.html

 

 

早い話、

イルミナティ」を解体すれば、

色々良い感じの社会になる!

 

ってことなんですね(´▽`)

 

 

そんで、

イルミナティの解体方法が、

私たちの「偏平足」を克服することなんです!!

(デタラメだけど、デタラメじゃないんですyo(;´∀`)!)

 

 

※もちろん、それ以外に社会的なアプローチが必要だったりもしますが、

 「偏平足の克服」が、解体するための要点になると私は考えています。

 

 

 

 

報告会では、

【なぜ「偏平足」が世界のトップに君臨しているといえるのか?】

【秘密結社イルミナティの内情】

イルミナティが私たちの生活に及ぼす影響】

【偏平足の克服方法】

【美しい社会をつくるには】

 

という事を話し、

「美しく生きる道」を

皆さんと一緒に模索していきたいと思っています^^

 

 

「現実逃避をはらんだスピリチュアルの話」

ではなく、

「小難しい政治・経済の話」

でもなく、

「犯人探しをする陰謀論

でもなく、

 

地に足の着いた、

実益のある会にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

繰り返し、

かなり変な話になりますが、

 

「私たち一人一人が偏平足(べったりした依存関係)を

克服することで、

イルミナティ(支配者の組織)がリードするこの社会構造を

解体することが出来る」

という希望のある話です^^

 

 

「希望の道を歩みたい!」という方は、

ぜひご参加ください(^^)/

 

 

 

日時:6/16(日)、AM10時~13時

   (発酵ランチ付き。その後希望者は森歩きしましょう^^)

参加費:大人5000円、18歳以下2000円

会場:わくちゅぎゅカフェ【山梨県甲府市貢川1-2-13】

   ※山梨県立美術館近くです。駐車場は7台分あります。

予約:055-222-0750

   予約せず、質問だけでもOKです^^

   ※電話出られない事が多々あります、

    留守電メッセージを残して頂けると助かります。

人と本質的に会えるのは、ほんの一瞬。 「毎日会えてる」気がするのは、体が鈍感だから。

こんにちは、tomaです。

 

最近、

「私はただ、人と会いたいんだな」

と、つくづく実感しています。

 

 

「人と会う」といっても、

色々あると思うんですが、

 

例えば、

「コンビニの店員さんとレジで会う」

というのは、

私的には、「会えてない」です。

(人間を極めた人なら、会える場合もあるかも…) 

 

 

「旧友と久々に会う」

という場合、

「会えてる」かもしれないし、

「会えてない」かもしれません。

 

会って話をした時に、

何も感じなかったら「会えてない」ですし、

 

「嬉しいなぁ」と感じられたなら、

「若干会えた」のだと思います。

 

 

 

そして、

「本質的に会えた…」という状態の時は、

「空気や体が震える」んですね。

 

 

場の雰囲気が急に美しく感じられたり、

 

鮮明に感じられたり、

 

体の内側からジワーっと震えが起きたりします。

 

 

そして、余計な緊張や嘘っぽさのない、

とても神聖な気持ちになります。

 

 

和やかさともちがう、

明るさともちがう、

胸の高鳴りとも全く違う、

 

肚(はら)の底からの震え(振動)。

 

 

 

 

 

突然、こんな話を書いているのは、

私が、最近「人と会えた」と感じたからなんですね。

(ここ1年間で一番会えた気がします)

 

 

先週土曜の夜(カレー営業時)に、

「鈍感さゆえに、哀しみを感じられなくなってしまった人(Aさん)」

がいたんですけど、

 

Aさんは本当に絶望的な状況でして、

とても哀しい状況に置かれているのに、

持ち前の明るさで、無意識に全力の現実逃避をしていました。

 

それに対して、

Bさんが、いてもたってもいられなくて、

全身に震えを纏い、

Aさんに「絶望しろーーー!!!」

「現実に戻ってこい!!!」

「生きろーーー!!!」

という祈りを込めた突っ込みを始めました。

 

その感じが、激しくて温かかったんですね。

 

「私が教えなきゃ!」とか

「この人を救わなきゃ!」みたいな、

浅はかな上から目線ではなく、

 

「いてもたってもいられない!」という、

とても純粋な「震え」があって、

 

私や、由美氏も、Bさんの「震え」に感化されて、

いつのまにか、Bさんと共に、

「震え」を纏った言葉をAさんに送っていました。

 

 

しばらく「震え」を送り続けるうちに、

Aさんの鉄壁のガードが徐々に緩まり、

Aさんもだんだん「震え」てきました。

 

その時に、「部屋の空気が変わった」んですね。

 

 

「あ、やっと会えた…」

 

「そういえば、こういうのが欲しかったんだよな…」

 

と。

(文章にすると、浅い表現になってしまい、哀しいのですが…)

 

 

「人と会える」のは、ほんの一瞬。

非常に尊い事だと思います。

 

 

「平和ボケ」では、誰とも会えない。

 

スマートに生きるだけでは、誰とも会えない。

 

飲み会をしても会えないし、

 

スピリチュアルを学んでも会えないし、

 

瞑想しても会えない。

 

 

 

「深い哀しみ」や「深い絶望」の奥に、

「本質的に人と会える」

という光があるのかもしれません。

 

そう考えれば、

東日本大震災などの哀しい出来事にも

希望を見いだすことが出来るかも…。

 

壮絶な哀しみを知ったからこそ、

「人と会えて」震える。

 

嘘が限りなく少ない、

体の内から湧き上がる震え(振動)。

 

 

平和な日常の中にある「哀しみ」や「絶望」を

繊細に感じきって、

 

「人と会える奇跡の瞬間」を集めていきたい。

 

 

そんな気持ちの今日この頃です。

 

 

毎週、金土の夜9時~、シェア会してます(山梨県甲府市)。

「会いたい」方は、遊びに来てください👇

https://ameblo.jp/waku-chu-gyu-cafe/entry-12463419365.html

 

会えたら奇跡です。

 

 

 

f:id:toma1990:20190529033240p:plain